薬剤部

薬剤部では、患者さま一人一人に不安なく医療を受けていただくために、調剤業務はもちろん、医薬品管理、医薬品情報提供、病棟業務及び薬剤管理指導業務などを通じて医薬品の適正使用及び適正管理に努めています。

また、他職種と連携し、ICT、NST等チーム医療の一員として日々業務に取り組んでいます。

 

スタッフ紹介

常勤薬剤師 3名      パート薬剤師 1名      助手 2名

日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 実務実習指導薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 1名
和歌山地域糖尿病療養指導士 1名
NST専門療法士 1名
(2019年12月現在)

業務案内

調剤業務

外来患者さまに関しては、基本的に院外処方箋を発行しています。
入院患者さまに関しては、薬剤が適正に使用されるよう処方箋に記載された内容・量・飲み方・飲み合わせなどを確認したのち薬剤師が処方箋に基づき飲み間違いや飲み忘れを防ぐため基本的に一包化を行っています。 また錠剤を上手く服用出来ない患者さまや経鼻や胃瘻により薬剤を投与されている患者さまのために粉砕などの調剤の工夫や剤型変更を行っています。

注射薬業務

注射薬に関しては、投与量、投与方法、組み合わせなどを確認し患者専用ラベルを作成し、1施用毎に薬剤師が個別セットし病棟に払出しています。

薬剤部

医薬品管理

品質管理には十分配慮し、病院内で使用される医薬品の購入管理、在庫管理、各部署への供給を行っています。各部署には必要に応じて定数を設定し、管理を行っています。 また法律で定められた医薬品に関しては、法律に準拠し保管管理しています。 医薬品には、温度・湿度及び光など適した保管方法があり、これらにおいても十分注意し保管管理しています。

病棟業務

入院中の患者さまが、より安全で有効な薬物療法がおこなわれるよう入院の際に持参薬の確認や服用歴などを可能な限り確認し、医師や医療スタッフに情報を提供しています。 また必要に応じて医師に処方の提案を行います。

薬剤管理指導業務

入院中、担当薬剤師が患者さまの病室に行き、患者さまの診療情報や薬歴などをもとに処方された薬剤の使用目的、使用方法、主な副作用などの説明を行います。患者さまから得られた情報は必要に応じて、医師、看護師などの医療スタッフと情報を共有し、患者さまの治療に役立てています。

 

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理室では、医師、薬剤師、看護師およびその他の医療従事者に対し医薬品を有効かつ安全に使用して頂く為、医薬品情報を収集、加工し提供することで患者さまへの有効かつ安全な薬物療法の実施に役立てています。 また医師などの医療スタッフからの医薬品に関する問合せ業務や当院で発生した副作用情報の一元管理及び報告業務も行っています。 院内医薬品集、患者さま向けお薬説明文書などの作成・更新、薬剤審議委員会の事務局なども行っています。

教育・研修会

新人教育は、一人ひとりの成長に合わせた丁寧な教育制度があります。

また、医療の質の向上を行うため、医師・薬剤師合同勉強会、薬剤部内勉強会、学会及び研修会へ積極的に参加し、日々の業務に役立てています。

薬剤部