回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた時期に集中的なリハビリテーションを行うことで低下した能力を再び獲得し、自宅等への復帰を目指している病棟です。

当院では患者様ごとのリハビリテーションプログラムに基づき、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士等が協力して治療にあたっております。

入院できる疾患と入院期間

急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた時期に集中的なリハビリテーションを行うことで低下した能力を再び獲得し、自宅等への復帰を目指している病棟です。

当院では患者様ごとのリハビリテーションプログラムに基づき、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士等が協力して治療にあたっております。

チーム医療の実践

回復期リハビリテーション病棟では、患者様が一日も早く日常生活を送ることができるよう、各分野の専門家が一体となって治療に取り組みます。

具体的には医師、看護師、薬剤師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、管理栄養士、歯科衛生士、看護補助者、ソーシャルワーカーといった、各職種がチームとなり、患者様の身体の回復や、日常動作の改善・向上を目指します。

医師

患者さんの細かな状態を診察、把握し治療方法を提案。入院中に症状や容体が変化した場合や手術が必要になったときは、迅速にほかの科の医師や連携先の急性期病院へ紹介します。看護師や栄養士とともに患者さんの健康状態・栄養状態の管理を行います。

看護師

「日々の入院生活もリハビリ訓練の一環」とする回復期リハビリテーションの特性上、日常生活を患者さんが自力で行えるよう介助し、心のケアをすることも看護師の役割です。患者さんの療養上のサポートや精神面のケア、医師の診療の補助など幅広い役割を担っています。

薬剤師

投与量や副作用、薬同士や薬と食事との飲み合わせに注意を払い、内服薬や注射薬を適切に調剤。持病のある患者さんに対しては、医師との相談の上で、既に使用している薬の継続是非や種類・量の変更などを判断・調整します。退院後の服薬についても医師、看護師と連携して薬物療法全般をサポートします。

理学療法士(PT)

医師の診断・指示のもと、病気やケガにより生じた体の障害や運動能力の低下を改善し、「寝返りをうつ」「起き上がる」「立ち上がる」「歩く」といった基本動作の回復や維持を図ります。

作業療法士(OT)

身体的、精神的に障害のある人が自分で生活ができるようになるよう、「着替えをする」「入浴をする」「料理を作る」「仕事・作業をする」というように、日常動作や仕事、遊びなどの作業活動を通じて、体の諸機能の回復・維持を図ります。

言語聴覚士(ST)

主に「聞く」「話す」「物を飲み込む」といった、言葉や聴力、嚥下(飲み込み)に関わる障害が生じた人に対して、個別的な訓練を行い改善へと導きます。専門的なプログラムを通じて、退院後もより良い言語・コミュニケーション生活を送れるよう全力を尽くしています。

管理栄養士

栄養バランスの整った食事を提供し、入院生活を支えます。患者さんの状態は一人ひとり異なるため、それぞれに合わせて食材や調味料も厳選し、オーダーメイドのメニューを提案。また患者さん本人やご家族に栄養指導なども実施し、退院後の食事への不安や疑問に応えます。

ソーシャルワーカー

入院中の患者さんが治療・療養に専念できるよう、医師や看護師、リハビリスタッフ、ご家族と密に連携を取りながら、患者さんの不安を軽減。退院後も、社会福祉制度や各種サービスの紹介、諸手続きのサポートをし、在宅・社会復帰に向けて必要となる施設・機関、設備、人材の手配をフォローします。さまざまな相談を受け、問題解決・調整を行います。

ケアアシスタント(看護補助者)

看護師とともに入院中の食事・入浴・排泄などの生活全般にわたって、直接的なケ

アに携わります。

 

入院時・入院中・退院・退院後について

入院→1,2か月後→3,4か月後→退院

《入院から退院までの流れ》

※現状の図を横にする

入院中の1日のスケジュール

 

※上記スケジュールは一例です。

写真5~6枚

○ラジオ体操

○リハビリテーション室でのリハビリテーション

リハビリ専門のフロアに移動し、最大3時間のリハビリテーションを提供します

 

○栄養、摂食嚥下サポートチームの対応

 

食事もリハビリにおいて重要であり、医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、臨床検査技師等のチームで患者様の栄養、摂食嚥下の状態を確認しています。

○家屋調査

病棟スタッフが退院前にご自宅に訪問し、住まいの環境を調査することにより、日常生活に即したリハビリテーションを提供します。

退院後のリハビリテーション・機能訓練

退院後必要に応じて介護保険下でのリハビリテーション、機能訓練もサポートいたします。

訪問リハビリテーション

安心して生活が過ごせるようサポートします

高齢の方や障害のある方が、住み慣れた地域で心身の機能の改善だけでなく、充実した生活が送れるように、生活の安心と快適を援助するリハビリです。ご自宅にお伺いしリハビリテーションをお手伝いします。

通所リハビリテーション

その人がその人らしく活き活きと暮らせるようにサポートします

在宅総合ケアセンターの「赤ひげクリニック」と「たま整形外科」にて、通所リハビリテーションを実施しています。

介護予防教室

スポーツメディカルサポート