手・足の外科センター

令和2年4月より貴志川リハビリテーション病院に手・足外科センターを開設します。手・足に対する悩みを持つ方が多いにも関わらず、和歌山県内では手・足の疾患を専門的に診て、治す医療機関は多くありません。手・足の病気、外傷の診療では、手・足の構造や機能の特殊性に精通し、 かつ、専門的な知識と血管、神経を扱える繊細で高度な手術技術を有している経験豊かな医師から治療を受けることが大切です。
 貴志川リハビリテーション病院手・足外科センターでは、手・足の病気、外傷、神経障害、スポーツ傷害などの専門な治療を行う『手・足の専門外来』を行う事と致しました。当院では今まで以上に手や足の疾患・外傷でお困りの患者さんの期待に応えて行きたいと考えています。手・足の痛み、変形、キズ、シビレなどの症状でお困りの方は、貴志川リハビリテーション病院の手・足外科センター『手・足の専門外来』にお越しください。症状に応じた専門的な質の高い治療、ケア、アドバイスを提供し患者さんの手・足の悩みの解決に務めます。

手・足の専門外来

  診察日:木曜日 午後13:00〜16:00
  予約制です。お電話で予約をお願いします。 
  TEL:0736-64-0061

ドクター紹介

副院長
医学博士
谷口泰德(たにぐち やすのり)

専門分野:手・足疾患の治療、末梢神経の手術、顕微鏡による微小外科手術、
     四肢の形成再建外科手術

資格:医師臨床研修指導医、日本手外科学会認定手外科専門医、
   日本整形外科学会認定整形外科専門医、整形外科研修指導医、
   日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、
   日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、
   義肢装具等適合判定医 、日本ベストドクターズ選出

主な経歴

 昭和58年 和歌山県立医科大学卒業
 平成12年 和歌山県立医科大学整形外科 講師
 平成13年 日本整形外科学会より米国整形外科学会に研修のため派遣
 平成16年 近畿大学医学部形成外科 非常勤講師
 平成19年 和歌山県立医科大学整形外科 准教授
 平成24年 和歌山県立医科大学整形外科 教授
 平成27年 有田市立病院 副院長 
 平成28年 和歌山県立医科大学整形外科 臨床教授

主な所属学会と役職歴

 日本整形外科学会  代議員、近畿地区専門医資格認定委員、整形外科研修指導医 
 日本手外科学会  代議員、学会広報委員、施設認定委員、編集委員
 日本足の外科学会 評議員、編集委員
 日本マイクロサージャリー学会  評議員、学会技術講習会講師
 日本形成外科学会 評議員、専門医試験委員、科学研究費委員会専門員
 日本肘関節学会 評議員
 中部日本整形外科災害外科学会 評議員
 中部日本手外科研究会 運営委員
 末梢神経を語る会 世話人
 近畿手外科症例検討会 世話人、顧問
 近畿足の外科症例検討会 世話人
 和歌山県臨床整形外科医会 世話人
 和歌山最小侵襲整形外科フォーラム 世話人

『手・足の専門外来』で扱う手・足の病気、外傷、神経障害の代表的な疾患(症状)

手の疾患

 ばね指(指の曲げ伸ばしの際に、痛みがでたり引っかかったりする腱鞘炎) 
 母指CM関節症(親指の付け根の関節が変形して痛みがでる)
 手根管症候群(手指にシビレ、夜間の痛み、運動障害を起こす神経の病気)
 ガングリオン(手にできる瘤で良性の腫瘍)
 へバーデン結節(指の先端の関節変形と痛みがでる病気)
 ブシャール結節(指の先端から2番目の関節の変形と痛みがでる病気)
 デュプイトレン拘縮(手のひらに硬いスジができ、指が曲がったまま伸ばせない)
 ド・ケルバン病(親指を動かすと手首に痛みでる腱鞘炎)
 肘部管症候群(小指、薬指がシビレたり運動麻痺が起こる病気)
 野球肘、テニス肘(スポーツや作業により肘に痛みが起こる)
 肘関節から指先までの外傷(骨折、切断、腱や神経の損傷、瘢痕によるひきつれ)

足の疾患

 外反母趾(母趾が外向きに変形し痛みが起こる病気)
 足底腱膜炎(足の裏に痛みが起こる病気)
 モートン病(足指にシビレと痛みがでる神経の病気)
 変形性足関節症(足首に腫れと痛みがでる関節の病気)
 足根管症候群(足指にシビレが出る神経の病気)
 ハンマートゥ(足の指の変形によるタコと痛みがでる)
 外脛骨(成長期の子供に起こる足に痛みがでる骨の病気)
 シーバー病(子供のスポーツによる踵の痛み)